プロペシアの効果的な使い方

当サイトではAGA(男性型脱毛症)、ハゲ、薄毛に関する情報をお知らせしていきます。
薄毛対策、AGA治療は早ければ早いにこしたことはありませんので、まずはその対処法からご紹介いたします。

プロペシアという医薬品をご存知でしょうか?
育毛剤、増毛剤といえば頭皮に直接塗布するものが有名ですが、このプロペシアは服用するタイプの経口薬です。
プロペシアに含まれる「フィナステリド」という成分が薄毛を助長する男性ホルモンを抑えるため、AGAに特に効果的な医薬品です。
事実、日本国内の薄毛の研究機関、日本皮膚科学会においても後述するミノキシジルと共に「AGAに最も効果的な医薬品」に位置付けています。

1日1回1錠を服用するだけで絶大な効果を発揮するという夢のような育毛剤ですが、このプロペシアにも一つ大きな欠点があります。
それは価格が高額であるということです。

塗るタイプ・飲むタイプに関わらず、育毛剤・発毛剤は毎日続けることが何よりも重要です。
しかも効果が出るのは数ヶ月、数年経ってからのため、利用する医薬品は安いに越したことはありません。
しかし、プロペシアは1錠あたり500円前後かかるため、1年間飲み続けるだけで20万円前後もの費用が掛かってしまいます。
経済的負担が大きいため、これが原因で途中離脱してしまう方が多いようです。
そんなことにならないよう、安くプロペシアの効果を得る方法のご紹介いたします。

ジェネリック医薬品を利用するのです。
幸いなことにプロペシアには「フィンペシア」というジェネリック医薬品が存在します。
このフィンペシアはプロペシアと同じ主成分、同じ効果でありながら1錠50円~150円と非常に安価な医薬品です。
この安すぎる価格を見て「偽物では?」と思う方がいるかもしれませんが、ジェネリック医薬品であるがために安価なのであって偽物ではありません。
入手方法は海外の薬通販サイトを利用するのが一般的です。

さて、次にプロペシア、フィンペシアを更に効果的に利用する方法をご紹介いたします。
上述した「ミノキシジル」を同時に利用することで、これらの各効果が相互に作用を高めあい、普通に服用するよりも高い効果を得ることが可能です。

ミノキシジルが配合されている育毛剤で最も有名なのは、日本国内ではリアップ、世界的にはロゲインという薬が有名です。
ミノキシジルは頭皮の毛細血管を拡張し毛根に栄養を送る手助けをする効果があり、プロペシアとは違う形で育毛を促進するため、同時に使用しても悪い影響はありません。

ただし、リアップ、ロゲインもプロペシアと同様で高額なため、こちらもジェネリック医薬品を利用するとよいでしょう。
ミノキシジルが配合され、リアップやロゲインと同じ効果のジェネリック医薬品はいくつかありますが、最も有名なのは「ツゲイン」という医薬品です。

脱毛・薄毛でお悩みの方は、まず海外の薬通販サイトを利用してフィンペシアとツゲインを購入し使ってみて下さい。
ここで一番気を付けるべきことは、結果を焦り過ぎないことです。
育毛・増毛とは、1週間・1ヶ月程度で目に見える効果が現れるようなものではありませんので、忍耐強く長いスパンでみるように心掛けましょう。